閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2019年4月25日 シドニー 吉川竜太

ニューカレドニア:Eramet社、SLN社がニッケル鉱石輸出量増加に関する政府の認可を受けたことを発表

 2019年4月16日付のメディアによると、ニューカレドニアでニッケル生産を行うSLN社を保有する仏Eramet社は、SLN社がNi鉱石輸出量を増加させることに関する承認をニューカレドニア政府から得たことを明らかにした。Eramet社によると、ニューカレドニア政府はSLN社が4mt/年でNi鉱石を10年間輸出することを承認したもので、この承認によりSLN社は低品位Ni鉱石の輸出が可能となり、SLN社の操業キャッシュコストを2021年までに1.30US$/lbに低下させることに寄与するとしている。2018年時点で、SLN社は1.2mtのNi鉱石を輸出しており、2020年中期までに4mt/年の輸出を達成したいとしている。

ページトップへ