閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2019年5月9日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:2019年2月の鉱業生産、前年同月比横ばい

 2019年4月30日付け地元紙は、2月の国内鉱業生産は金生産量が大幅に減少したにもかかわらず対前年同月比0.1%減となり、比較的安定した結果となった旨報じている。前月は同1.9%増を記録(2019年4月4日付 ニュース・フラッシュ:2019年1月の鉱業生産、前年同月比微増参照)しており、2019年は前年の同水準を確保できると予想される。国立統計地理情報院(INEGI)の統計によると、金の生産量は前年同月比23.5%減の6,639kg、硫黄は21.2%減の29,425t、コークスは14.2%減の82,357t、石膏は3.7%減の512,998t、蛍石は増減なしの60,725tであった。一方、亜鉛は17.1%増の40,059t、鉄ペレットは11.7%増の613,102t、鉛は8.8%増の9,910t、銅は8.6%増の38.830t、銀は3.6%増の298,762kgとなった。

ページトップへ