閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年5月9日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Alamos Gold社保有鉱山の2019年第1四半期の生産低調

 2019年5月1日付け地元紙によると、加Alamos Gold社(本社:トロント)は、同社がメキシコに保有するMulatos鉱山、El Chanate鉱山の生産量が減少したことから、同社の2019年第1四半期の金生産量が前年同期の128,900ozから125,300ozに減少したと発表した。なお、同期の全キャッシュコストは前年同期比7%減の732US$/ozとなったが、全維持コスト(AISC)は前年同期の935US$/ozから957US$/ozに上昇している。Mulatos鉱山では、2018年第3四半期からSan Carlos鉱床の生産が減少しており、さらにEl Chanate鉱山では2018年10月から操業が停止し、残渣からの抽出による生産への切り替えを行っている。

ページトップへ