閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2019年5月9日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Minera Frisco社2019年第1四半期決算、生産量減により損失を計上

 2019年5月2日付け地元紙によると、Minera Frisco社の2019年第1四半期決算は、メキシコに保有する鉱山の生産が低調であったことから損失を計上した。同社の同期の金生産量は対前年同期比50%減の35,799oz、銀は33%減の1.49moz、そして、銅精鉱、銅カソード、鉛、亜鉛の生産量はそれぞれ11%、7%、12%、15%減少した。同社の同期決算報告書には、El Porvenir鉱山は埋蔵量が枯渇したため処理実績なし、San Felipe鉱山、Concheño鉱山、El Coronel鉱山は、それぞれ鉱石処理量が84%、46%、26%減少、San Francisco鉱山では品位の大きな下落と記載されている。この結果、同社の2019年第1四半期決算は、売上高が33%減少し、438mペソ(MXN)の損失を計上している。

ページトップへ