閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年5月9日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Grupo México社・CEO、Pasta de Conchos炭鉱事故の遺体回収に全面協力を表明

 2019年5月3日付け地元紙によると、Grupo México社Germán Larrea CEOは、2006年2月Pasta de Conchos炭鉱(Coahuila州)において、メタンガス爆発による坑内崩壊により鉱夫65名が坑内に取り残された件について、AMLO大統領が進めている同事故による遺体回収プロセスへの支援を表明した。同CEOは、過去に事故対応を放棄したと指摘された際に、二次災害の危険があるためとしていたが、今回、AMLO大統領に対し、当局に全面的な協力を表明する書簡を発出している。なお、Napoleón Gómez上院議員は、2018年7月の選挙時に、遺体の回収を約束するとともに、AMLO大統領は、2012年に労働省が約束した遺体回収作業を尊重し実行すると表明していた。なお、大統領選挙時に同事故を含め、同大統領とGrupo México社との間には軋轢が生じていた(2018年6月5日付 ニュース・フラッシュ:左派政党AMLO大統領候補、経営者と次々に争う参照)。

ページトップへ