閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2019年5月9日 シドニー 吉川竜太

豪:First Quantum社、Niマーケットが回復を続ければ、2020年第1四半期にもWA州Ravensthorpeニッケル鉱山の操業再開が可能に

 2019年4月30日付の地元メディアは、昨今のNi価格上昇により、2017年10月に操業を休止したWA州RavensthorpeラテライトNi鉱山の操業再開が1年以内に可能となるかもしれない、と同鉱山を保有する加First Quantum社がコメントしたことを報じている。First Quantum社は、鉱山操業再開に向けた準備計画を開始しているほか、既に大気圧溶解反応設備を改修済みで、新しい鉱床をターゲットとした試錐調査が近々開始されることも明らかにしている。メディアによると、Ni価格は2019年初頭から16%値上がりして12,335US$/t(4月29日時点)となっており、First Quantum社はこのままNiマーケットが改善を続ければ、Ravensthorpe鉱山は2020年第1四半期にも操業が再開される可能性がある、としている。再開に要する費用は、10mUS$と見積もられている。

ページトップへ