閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2019年5月9日 北京 関淳夫

中国:中科三環社、南方希土社に資本加入予定で、ハイレベル希土類磁石材料事業を共同投資

 現地報道によれば、中科三環社は、中国南方レアアース集団有限公司と「協力意向書」を締結した。中科三環社は、増資する形で南方レアアース社の5%の権益を獲得する。同時に江西省贛州市で年間生産能力5kt/年の高性能焼結ネオジム・鉄ボロン系レアアース生産企業を共同投資する予定。
 両社が贛州で共同投資する当該ハイレベル磁石材料事業のうち、南方希土社は34%の権益を保有する。中科三環社は、市場需要に応じて建設の進捗状況を定め、段階ごとに建設し、第1期の建設規模は2kt/年と設定。
 中科三環社が南方希土社に資本加入後5年間は、南方希土社は他の希土類永久磁石会社からの融資を受け入れることができないと取り決めた。
 北京中科三環ハイテク株式有限公司は、中国科学院の北京三環新材料ハイテク会社に所属しており、1985年8月1日に設立された。1999年7月23日、北京三環新材料ハイテク公司は、発起人として、米国TRIDUS社、寧波電子情報集団有限公司、台全(米国)公司、寧波聯合集団株式有限公司及び聯想集団持株公司と連携し設立した。登録資本金は52m万元である。2000年4月20日、中国深セン取引所で上場を遂げた。中科三環社は、主に磁石材料及びその周辺製品へ研究開発、生産と販売事業を展開している。

ページトップへ