閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年5月10日 リマ 栗原健一

ペルー:Buenaventura社、2020年にTantahuatay銅プロジェクトのプレFSを実施

 2019年5月3日付け地元紙によると、Buenaventura社は、2,100mUS$の投資が予定されるTantahuatay金・銀鉱山(Cajamarca州)の硫化銅プロジェクトに関し、既にScoping Studyを完了しており、2020年第1四半期にプレFSを実施する見通しを明らかにした。本鉱山では2011年の操業開始以降、金や銀が露天掘りで生産されている一方、硫化鉱鉱床の銅資源量は3.7mt以上、粗鉱処理能力20kt/日の選鉱プラントにおける処理が実施される見通しとなっている。
 さらに同社は、Orcopampa金鉱山(Arequipa州)近傍エリアで探鉱プロジェクトを実施し、2019年第2四半期に結果が明らかとなる見通しである一方、許認可手続きの遅れにより2020年の探鉱プログラムに遅れが生じる可能性がある旨明らかにした。
 またTambomayo金鉱山(Arequipa州)では高品位の金を含む鉛精鉱の在庫が大量に存在しており、5月中に売却したい意向がある一方、Uchucchacua銀鉱山(Lima州)では銀の生産量は減少するものの収益レベルは維持される見通しを示した。

ページトップへ