閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年5月13日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:2018年鉱業投資額、業界予想を大きく下回る

 2019年5月6日付け業界紙によると、メキシコ鉱業会議所(Camimex)は、2018年鉱業投資額が4,550mUS$となり、2018年7月時点の予想5,260mUS$を大きく下回ったと発表した。なお、同数値は2017年の投資額4,632mUS$を若干下回るものであったが、2016年の3,752mUS$は上回った。これについて、Camimexは政治不安、国内治安問題によるものと分析した。また、今後のメキシコ鉱業を占う2018年探鉱費は384mUS$と2017年同の612mUS$を大きく下回る結果となり、政治不安に加え、2014年の税制改革の際に短縮された探鉱費の控除年数の削減が引き続き影を落としていると分析し、「鉱業活動に対する新しいアプローチ(政策)は不可欠である。鉱業部門の持続的開発はコミュニティの発展を促進し、雇用創出、国庫への貢献を増大させる。鉱物資源開発の国際競争力強化を求める」とコメントした。

ページトップへ