閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年5月14日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Torex Gold社、2019年第1四半期の金生産量が前期比減も2019年の目標達成を表明

 2019年5月8日付け地元紙の報道によると、加Torex Gold社幹部は、同社がGuerrero州に保有するEl Limón-Guajes鉱山の2019年第1四半期の金生産量が減少(2019年4月9日付 ニュース・フラッシュ:El Limón-Guajes金鉱山における第1四半期生産量が減少参照)したものの、2019年の生産目標430千ozは十分に達成できると述べた。同幹部は、プラントの稼働は前期の13,011t/日から11,956t/日に低下したものの、採掘品位は2.62g/tと計画値の88%を確保しており、第2四半期は更に上昇することが見込まれている。第1四半期は生産量が減少したが、同鉱山の新オペレーションシステムの導入(2019年2月26日付 ニュース・フラッシュ:Torex Gold社、2019年El Limón-Guajes金・銀鉱山の生産量、野心的目標を発表参照)などにより、目標達成は可能であると付け加えた。なお、第1四半期の決算で、同社は1.3mUS$の損失(前期:純利益10.2mUS$)を計上、全維持コスト(AISC)が1,161US$/oz(前期954oz/US$)に上昇したことを明らかにした。

ページトップへ