閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2019年5月14日 シドニー 吉川竜太

豪:Heron社、NSW州Woodlawn亜鉛・銅鉱山がフル操業体制となったことを報告

 2019年5月8日付けの地元メディアによると、豪Heron社はNSW州Woodlawn Zn・Cu鉱山の選鉱施設が試験操業からフル操業体制となり、今後1.5mt/年の給鉱処理量達成と回収率良化、生産精鉱の品質改善に向けて作業を継続していくことを明らかにした。現在Heron社は、尾鉱の再処理を新しく建設した浮遊選鉱施設で実施しており、今後は坑内採掘による高品位鉱石の処理も予定している。最終的に、同鉱山からは70千t/年のZn精鉱、30千t/年のCu精鉱、25千t/年のPb精鉱が生産される予定である。

ページトップへ