閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年5月14日 シドニー 吉川竜太

豪:WA州地質調査所、Pilbara地域における空中重力探査を開始

 2019年5月8日付けの地元メディアによると、WA州地質調査所(GSWA)は2018年にKimberley地域やLittle Sandy砂漠、Great Victoria砂漠で実施した空中重力探査のデータを公表するとともに、Pilbara地域の面積170,000km2の地域において、空中重力探査を新たに開始したことを発表した。Pilbara地域における調査は、GSWAと豪州地質調査所(GA)の7年間にわたるプロジェクトの最後の一つとなる。WA州鉱山産業規制保安省の地球科学責任者であるIan Tyler氏は、この調査によりWA州のほぼ半分が比較的詳細な空中重力探査でカバーされることとなり、WA州の新しい広域重力図が今年中に完成することとなる、とコメントしている。

ページトップへ