閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 鉄鉱石
2019年5月15日 リマ 栗原健一

ペルー:Strike Reousrces社、鉄道建設のFS実施コンソーシアムとの間で秘密保持契約を締結

 2019年5月9日付け地元紙によると、豪Strike Resources社は、Andahuaylas(Apurimac州)からMarcona港(Ica州)までの鉄道敷設計画を目的とするコンソーシアムConsorcio Ferrocarril del Sur(CFS)との間で秘密保持契約を締結したことを明らかにした。
 韓国CFSはDohwa Engineering社、イタリアGeodata Engineering社、ペルーGenera Consulting社によって形成され、2018年10月に運輸通信省(MTC)との間に締結された協定書に基づいて交付された13mUS$により、鉄道敷設に係るFSを実施している。
 一方Strike Resources社は、Andahuaylasから20kmの場所にHierro Aprimac鉄プロジェクトを所有しており、鉄道敷設が実現した場合、同社は最大の利用客の1社となることが見込まれている。
 なおStrike Reousrces社は、CFSとの合意に基づき、調査に関する情報を共有する計画となっている。

ページトップへ