閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 アルミニウム/ボーキサイト
2019年5月16日 シドニー 吉川竜太

ソロモン諸島:Sogavare首相、サンゴ礁に被害を与えた鉱石積出船座礁事故を考慮し、鉱業のための新制度を制定する意向を示す

 2019年5月8日付けの地元メディアによると、2019年4月に実施された総選挙の結果ソロモン諸島首相に返り咲いたManasseh Sogavare首相は、最近政府が直面している鉱業問題に関する不具合をよく考慮した結果、鉱業法制度を含めた産業界の改革が新政府の優先課題であるとコメントした。同国では、ボーキサイト鉱石積出船が座礁し、周辺のサンゴ礁が燃料により汚染される事故が2019年3月に発生しており、その補償をめぐり現行の鉱業法では鉱山所有企業の持株会社に対して補償請求が出来ない欠点が指摘されている。3月に起きた事故では、鉱山を保有するBintan Mining社は法的責任を否定しており、積出船の所有企業が責任を追うべきであると主張している。Sogavare首相はこのような事態に鑑み、投資家を魅了して地元の鉱業界を育成すると共に、広域的に環境持続性がある経済活動の一環としての鉱業の新しい制度を制定することを約束する、とコメントしている。

ページトップへ