閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト その他 ニッケル
2019年5月17日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:製錬所建設進捗目標未達成6社の輸出許可を一時停止もしくは取り消し

 2019年5月7日付け地元メディアによると、2009年新鉱業法及び関連省令で規定されている精鉱等を輸出している鉱業会社への国内製錬所建設義務について、エネルギー鉱物資源省は、建設進捗目標が未達成である鉱業会社6社の輸出許可の一時停止もしくは取り消しの処分を下した。これは、6か月毎に実施している建設進捗状況評価において計画達成度が90%を下回ったことに対する罰則が科されたものである。
 エネルギー鉱物資源省Yunus Saefulhak鉱物事業開発部長によると、輸出許可一時停止措置はニッケル鉱業会社4社(PT Surya Saga Utama、PT Modern Cahaya Makmur、PT Integra Mining Nusantara、PT Genba Multi Mineral)及びボーキサイト鉱業会社1社(PT Lobindo Nusa Persada)に科され、これらは製錬所建設が順調に進んで目標を達成すれば一時停止が取り消される見込み。また、輸出許可取り消し措置はボーキサイト鉱業会社1社(PT Gunung Bintan Abadi)に科され、同社は建設進捗目標未達成だけではなく警告を無視して他社生産のボーキサイトも輸出したため永久に輸出許可を取り消されることになった。

ページトップへ