閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年5月17日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:鉱業契約の改定、残り1社が契約締結

 2019年5月8日付け地元メディアによると、2009年鉱業法に基づく鉱業契約(CoW)の改定に至っていなかった残り1社、金鉱業のPT Sumbawa Timur Miningが修正契約を締結した、とエネルギー鉱物資源省石炭鉱物総局がソーシャルメディアにより明らかにした。同社は2018年3月に修正契約締結直前まで行ったものの、ブラジルの親会社が承認しなかったため未決着となっていた。また、2018年末時点では2社が未決着だったが、1月18日にミネラルサンド採掘PT Kumamba Miningが修正契約を締結し、最後の1社となっていた。なお、ソーシャルメディアのみでの発表だったため、詳細は明らかになっていない。

ページトップへ