閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年5月21日 モスクワ 秋月悠也

キルギス:2018年の金生産量は前年比15.3%増

 2019年4月15日付けの地元報道等によると、キルギス国家産業エネルギー地下資源利用委員会は、キルギスの2018年の金生産量は前年比15.3%増の20.43t(500億KGS(キルギス・ソム)超)となったと発表した。キルギスの2018年における精鉱輸出量は71.143t(金5.183t、銀13.694t、銅9.851tを含有)、鉱石輸出量は7万9,407t(金595kgを含有)であった。また、キルギスにおける2018年末時点の有効ライセンス数は2,531件(うち開発1,262件、探鉱1,001件、探査268件)で、2013年末時点の2.4倍となった。

ページトップへ