閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年6月13日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Chukotka自治管区、少数民族地域における地下資源利用規則を策定へ

 2019年5月31日付けの地元報道等によると、Chukotka自治管区は、管区内の地下資源利用規制に関し、地下資源の利用に関するライセンスの供与や土地区画割当の際、住民の社会経済的・環境的利益の保護を定める方針である。
 当該規則により、Chukotka自治管区の先住少数民族の伝統的な生活様式・経済運営・生業の維持・発展が保証される。また、企業が参加する復旧・再生事業による自然景観回復の評価については、社会と環境保護当局の共同参加、民族学的審査が考慮される。また、地下資源利用者との合意書の統一様式も定められる予定である。
 地下資源利用者との関係の規制は、Orenkovka川支流に位置するRuchei Taiga地下資源鉱区の入札がChukotka先住少数民族協会の同意なしに実施されたことがきっかけとなった。

ページトップへ