閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ネオジム ボロン/ホウ素 レアアース/希土類
2019年6月18日 北京 関淳夫

中国:北京中科三環ハイテク株式有限公司、最近開かれた投資関係者からの会社運営に関する質疑応答を発表

 安泰科によれば、北京中科三環ハイテク株式有限公司は、2019年5月23日に開かれた投資関係者による会社運営に関する質疑応答を発表した。
問:現在、当該企業のレアアース在庫状況はどうか?
答:現在、わが社の原材料在庫数は3か月の生産に対応できる。
問:新エネルギー自動車の発注状況はどうなっているか?
答:現在、新エネルギー自動車への対応については、まだ始まったばかりの段階で、当該分野で次第に自動車の使用量が増えることによって、業界やわが社に対しても積極的な作用を果たすことになる見込み。
問:自動車用永久磁石に対し、貴社の販売価格はいくらか?
答:わが社の製品は、それぞれの注文によって生産されたもので、製品によってそれぞれ価格を設定している。
問:2019年第1四半期の粗利率は、20%を下回る理由とは何か?
答:市場の競争は若干激しく、会社への営業コストも対前年同期比上昇しているためである。
問:贛州にある年間生産能力5,000tのネオジム・鉄ボロン事業について、第1期の事業2,000t/年生産はいつ開始するのか?
答:わが社は、中国南方希土集団有限公司と2019年4月21日に「協力意向書」を締結し、具体的な計画は現在協議中である。

ページトップへ