閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年6月19日 シドニー 吉川竜太

PNG:Bougainville自治州政府、Panguna銅・金鉱山の再稼働促進を目的とした法改正の審議を、独立の是非を問う住民投票後に延期

 2019年6月14日付けの地元メディアによると、PNGのBougainville自治州政府は同自治州内のPanguna Cu・Au鉱山の再稼働を目的に、新たに設立するBougainville Advance Mining社に対して操業再開に向けた強い権限を与える鉱業法改正案とそれに付随する2つの法案に関し、2019年10月に予定されている同州独立の是非を問う住民投票後まで議会での審議を延期することを発表した。同州政府は、これらの法案により土地所有者が自身が保有する資源をよりよくコントロールできるようになると主張していたが、土地所有者から大きな反対の声が上がっており、同自治州政府の立法委員会からも議論が不足しているとして議会審議の延期が勧告されていた。

ページトップへ