閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 亜鉛
2019年6月20日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:Peñasquito多金属鉱山封鎖解除、生産再開へ

 2019年6月14日付け地元紙によると、Newmont Goldcorp社が保有するPeñasquito多金属鉱山で発生している鉱山アクセス道の封鎖問題について(2019年4月19日付 ニュース・フラッシュ:2018年6月に続き、Goldcorp社、Peñasquito鉱山アクセス道で封鎖活動参照)、同日付けで内務省Olga Sánchez Corderos大臣、Newmont Goldcorp社幹部、José Narro Céspedes上院議員、地元住民代表者により封鎖解除の合意書が調印された。合意書の主な内容は、San Juan de Cedros地域住民と当時のGoldcorp社間で交わされた契約書に関し、内務省において再協議の場が恒久的に設置されるほか、Newmont Goldcorp社がCedros地域住民へ示談金を支払う条件で、封鎖は即日解除されることとなった。Narro上院議員は、問題の当事者である企業と地元コミュニティに関し、「今日より両者が協力し合い、互いが平等な権利を有することとなる。」とコメントを発表しているものの、同議員とその補佐官は封鎖活動実行のため地元住民を動員したとして、同鉱山労働者から非難されている。6月19日にはNewmont Goldcorp社と地元住民らが再び協議を行い、同社は新たな社会開発計画と水利用計画を発表する予定である。
 また、その後2019年6月17日付け地元紙は、Newmont Goldcorp社がPeñasquito鉱山において生産を再開し、生産量を徐々に増加させていると報じている。鉱山からの精鉱の出荷および現場への物資配達が再開され、同社は労働者に対するオリエンテーションを開き、生産が安全かつ秩序ある方法で確実に行われるよう努めている。同社は封鎖問題の発端となった地下水枯渇問題の解決に既に取り組んでおり、環境は改善され、さらに水質浄化のための緑化や新たな井戸掘削などを含むプロジェクトに取りかかる。

ページトップへ