閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2019年7月9日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:PT Vale Indonesia他1社が資本譲渡案提出、政府が評価へ

 2019年6月27日付け地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Yunus Saefulhak鉱物事業開発部長は6月26日、2019年内に国内への資本譲渡を行わなければならない外資系鉱業会社5社のうち、PT Vale Indonesia(鉱種:ニッケル、資本譲渡義務:20%)及びPT Natarang Mining(金、同21%)の2社から5月に売却に関する提案があり、その後6月に必要なデータ等も完成し提出されたことを明らかにした。同部長は、エネルギー鉱物資源省、国営企業省、財務省のメンバーから成る売却提案評価チームを立ち上げ、譲渡額等の評価プロセスを開始し、早ければ8月にこの評価を終了すると述べた。評価結果は、まず国営企業が提供を受け、取得を検討することになる。注目されるPT Vale Indonesiaの資本譲渡には、国営鉱業持株会社PT Inalum(PT Indonesia Asahan Aluminium)や国営非鉄金属会社PT Antam(PT Aneka Tambang)が興味を示している。
 なお、国内への資本譲渡義務がある残り3社、PT Ensbury Kalteng Mining(金、同20%)、PT Kasongan Bumi Kencana(金、同12%)、PT Galuh Cempaka(ダイヤモンド、同17%)は売却提案未提出であるため、同部長は7月末までに提出するよう強く要請したとのこと。

ページトップへ