閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト その他
2019年7月23日 ヨハネスブルグ 原田武

ザンビア:鉱山・鉱物開発大臣、9社がKCMの入札に関心を持つと言及

 2019年7月17日付けメディアによると、ザンビアMusukwa鉱山・鉱物開発大臣は、同国のKonkola Copper Mines社(KCM)に対して数週間以内に入札を行う見通しであり、現在9社が関心を持っている。KCMを巡るザンビア政府とVedanta Resource社の論争は、南ア高等裁判所に提訴されている。同大臣は記者会見で、「ザンビア政府は世界のどの国でもVedanta社との訴訟に勝てると確信している」と述べた。また、ロシア、トルコ、豪州、カナダ、中国の企業が、KCMの入札に向けて、デューデリジェンスを実施しており、すべての企業のデューデリジェンス終了後に入札手続きを開始するとした。

ページトップへ