閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年7月25日 北京 関淳夫

中国:湖南江冶電気機械科学技術株式有限公司は、アゼルバイジャンAzmonbat社と鉛酸電池スクラップに関する事業契約を締結

 安泰科によれば、2019年7月7日、湖南江冶電気機械科学技術株式有限公司は、アゼルバイジャンAzmonbat社と鉛酸電池スクラップの破砕・分離・選別に係る請負契約を締結した。当該事業は、湖南江冶電気機械科学技術株式有限公司が西アジアの再生鉛分野に進出することを示している。
 湖南江冶電気機械科学技術株式有限公司は、2009年3月に設立し、鉛酸蓄電池とリチウム電池のグリーン再生システム技術と集積設備、廃水処理、廃棄ガス処理等大規模環境保護設備と非鉄冶金非標準FA機器への研究開発、生産、販売及びサービス業務を提供するハイテク技術企業である。それぞれ天能集団、豫光金鉛社、雲南馳宏亜鉛ゲルマニウム社、駱駝集団、南都集団、安徽華鑫社、雲南振興集団、湖北金洋社、揚州華翔有色社、万洋製錬集団等国内有名企業に各種製錬設備や再生鉛設備を提供している。当該企業の製品は、タイ、イラン、ベトナム、アルジェリア、インド、香港等国や地域に輸出されている。

ページトップへ