閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年7月26日 バンクーバー 杉崎真幸

加:カナダ鉱業協会、鉱業の国際競争力維持のための提言を発表

 カナダ鉱業協会(Mining Association of Canada)は、2019年7月15日にCranbrookで開催された鉱業大会において金属鉱業・探鉱分野におけるカナダの競争力を維持するために政府の行うべき行動に関する提言を発表した。この提言は2019年3月に連邦政府が発表した行動計画Canadian Minerals and Metals Plan(CMMP)を受けたもので、以下の6分野について政府の積極的な取り組みを促している。
①経済成長、規制の明確化及び競争力確保
国際競争及びカナダ経済が外国投資に依存している現状を正しく認識し、新しい影響評価法の適切な運用、土地への適切なアクセス、北部地域のインフラ開発への継続的な投資を行う。
②先住民参加の促進
鉱業は先住民の参加する主要な分野であり、政府は教育、健康、住宅、技能訓練、起業支援等を通じてこれらのサポートを行うことができる。
③環境
カナダの鉱業界は各産業への原材料の提供者として、低炭素社会において極めて重要な立場にある。気候変動に対処するために、持続可能性に優れたカナダの鉱業界がこうした需要を満たすための供給者になることが重要である。また、生物多様性に関しても優先的な事項である。
④科学技術開発
連邦政府は遠隔地の詳細な地質図作成のため、地域的な地質調査プログラムの拡充を行う必要がある。また、民間部門のイノベーション投資を促進するための財政支援を行うことによって、エネルギー効率の上昇、環境保護、生産性の向上がもたらされる。
⑤人材育成
今後10年間で10万人が必要と予想される人的資源の確保のため、技能訓練への投資が不可欠である。産学官の連携を強化し、多様で参入しやすい環境を構築する。
⑥グローバルリーダーシップ
カナダは責任ある鉱業における世界的なリーダーであり、政府と民間企業が協力してその卓越したビジネス慣行を国内外を問わず推進することにより、世界各地で鉱業がもたらす便益の拡大が期待される。

ページトップへ