閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
イルメナイト ウラン ジルコニウム その他 レアアース/希土類
2019年7月29日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:米Thorcon社がトリウム調達でPT Timahとの協力を検討

 2019年7月19日付け地元メディアによると、米国独立系発電事業者Thorcon International社は7月17日、トリウム原子力発電所への燃料供給のためにインドネシア国営錫鉱業会社PT Timahとの協力を検討していることを明らかにした。同社は、約1.2bUS$を投資してインドネシア国内での500MWのトリウム発電所建設計画をインドネシア政府に対して表明している。現在、Bangka Belitung州Bangka島に錫鉱石からモナザイト、さらにはトリウム、ウラン等の放射性鉱物を分離するパイロットプラントがあるとのこと。なお、PT Timahの所有する錫資源中のトリウム埋蔵量は170千tと推定されており、発電所操業に十分な量が賦存すると評価されている。
 一方、PT Timahは、改めてモナザイト原料のレアアース製錬所の建設と2020年からの生産開始計画を明らかにした。なお、同社は錫、モナザイト以外にジルコン、イルメナイトも回収し生産につなげたいとの意向も明らかにしている。また、エネルギー鉱物資源庁も、その他に国内9か所でレアアース含有鉱物の賦存が確認されていることを明らかにしている。

ページトップへ