閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年8月22日 シドニー 吉川竜太

PNG:PNG政府、Porgera金鉱山の権益を増加する方針で採掘リース更新を交渉

 2019年8月19日付けのメディアによると、加Barrick社と中国Zijin社がJVで操業するPNGのPorgera Au鉱山に関し、PNG政府は同鉱山の採掘リース更新に関する議論を通じ、両社の権益割合を縮小してPNG政府の権益を増やすことを検討していることを、同国のMori商業産業大臣が明らかにした。Mori大臣は、Barrick社とZijin社が保有する権益の一部は、国、州、土地所有者に譲渡されることとなるだろうと発言するとともに、今回はより国益に叶う方向でJVが再構築され、例えば30~40%が譲渡されることになるのではないか、と発言している。Progera鉱山は2019年に240~260千ozの金を生産することが期待され、Barrick社とZijin社がそれぞれ47.5%を保有し、残る5%を州政府・土地所有者が運営するMineral Resources Enga社が保有している。

ページトップへ