閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年8月28日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:金精錬の地域制限撤廃へ

 2019年7月24日付けの地元報道等によると、2019年7月、地域投資プロジェクト(RIP)参加者が採掘した金の精錬について、地域制限を撤廃する法案が下院に提出された。
 現在、RIP参加者は当該投資プロジェクトの実施地域でしか処理を行うことができない。同法案により、RIP参加者たる産金企業は、ロシア政府が承認したリストに含まれるあらゆる精錬所で金含有原料を処理できるようになる。地域制限を撤廃することで、ロシア国内のその他の地域への精錬所へも原料を供給することができる。
 現在、RIPが実施可能な地域は、Sakha共和国(Yakutia)、Zabaikal地方、Kamchatka地方、Krasnoyarsk地方、Khabarovsk地方、Amur州、Irkutsk州、Magadan州、Sakhalin州等である。
 また、ロシアで貴金属精錬の権利を有するのは、政府が承認したリストに含まれる以下の11社である。
・Prioksky Non-Ferrous Metals Plant社
・Novosibirsk Refinery社
・Shchyolkovo Plant of Secondary Precious Metals社
・Krastsvetmet(Krasnoyarsk Non-Ferrous Metals Plant)社
・Ekaterinburg non-ferrous metals processing plant社
・Kyshtym Copper Electrolytic Plant社
・Uralelectromed社
・Moscow Special Alloys Processing Plant社
・Norilsk Nickel社
・Ural Innovative Technologies社
・Kolyma Refinery社

ページトップへ