閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年9月3日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:国営鉱業持株会社グループの名称が「MIND ID」に変更

 2019年8月20日付け地元メディアによると、2017年11月に発足した国営鉱業持株会社グループの名称がHolding Industri Pertambangan(HIP)から「MIND ID(Mining Industri Indonesia)」へ8月17日付けで変更された。同グループのBudi Gunadi Sadikin社長(PT Inalum社長と兼任)は、「MIND IDは国内最大の鉱業会社5社(PT Inalum、PT Antam、PT Timah、PT Bukit Asam、PT Freeport Indonesia)のシナジー効果の形であり、かつ新しい精神を表しており、責任ある持続可能な鉱物資源の探鉱開発管理を行い、高付加価値化を実現し、インドネシアにより良い未来をもたらす」と述べた。なお、同グループ内におけるPT Inalumの法的な位置づけと運用上の構造に関しては従来からの変更は無く、政府が100%株式を保有するPT Inalumが、PT Antam、PT Timahの65%、PT Bukit Asamの65.02%、PT Freeport Indonesiaの51.2%の株式を保有している。

ページトップへ