閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年9月5日 シドニー 吉川竜太

豪:CSIRO、誰でも利用可能なデジタル試錐コアライブラリを立ち上げ

 2019年9月3日付けの地元メディアによると、豪州連邦科学産業研究機構(CSIRO)は豪州のコア倉庫で保管されている1千万mに及ぶ試錐コアをデジタル化したNational Virtual Core Library(NVCL)を開設した。これらの試錐コアは、コア表面のデジタル画像や同定された鉱物分布画像を生成するHyLoggerで分析されており、生成されたデータを近接する試錐結果のデータと比較することで、3次元的な解釈が容易になるとしている。CSIROによると、ダイヤモンド試錐は1孔あたり数十万A$のコストがかかっており、NVCLを利用することで結果を最大限活用して将来の探鉱計画に役立てることが可能であるとしている。また、NVCLにより、豪州大陸の地下1~2kmに関する地質の特徴を明らかにすることを目指すとしている。NVCLはオープンアクセスで、誰でも利用が可能である。

ページトップへ