閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年9月19日 モスクワ 秋月悠也

ウズベキスタン:NGMK、難処理金鉱石の処理施設の操業を開始

 2019年8月27日付けの地元報道等によると、NGMK(Navoi Mining and Metallurgical Combinat)は、中央キジルクムで、難処理金鉱石を処理する新規施設の操業を開始した。プロジェクト費用は約100mUS$である。
 当該施設は、第3湿式製錬プラントの原料基盤であるKokpatas及びDaugyztau採鉱場(中央キジルクム)からの難処理金鉱石からの金抽出技術を改良するプロジェクトの一環で建設された。この操業開始により、生産が11%増加する。
 NGMKは、2017~2026年に既存生産施設の近代化及び新規生産施設建設における27のプロジェクト(総額30bUS$以上)を実施予定であると報じられている。これらプロジェクトにより、NGMKの生産能力は30%向上するとされる。

ページトップへ