閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年9月20日 シドニー Whatmore康子

豪:国民の55%は鉱業支持、MCAのキャンペーンが奏功か

 2019年9月16日付けの地元メディアによると、市場調査会社のJWS Research社が豪州鉱物資源評議会(MCA)の委託で2019年7月に行った調査では、調査対象者の55%が鉱業を支持していることが明らかになった。また、MCAの鉱業宣伝キャンペーン映像「There’s more to Australian mining」を見たことのある調査対象者に限ると鉱業支持の割合は70%まで上昇する結果となった。この映像は、鉱業用としての利用が終了した土地が復旧され農地等の他の目的に利用可能となることに焦点が当てられている。また、支持率と不支持率の差を表す正味支持指数はプラス35と、2019年3月に行われた前回調査でのプラス29から上昇し、「There’s more to Australian mining」を見たことのある調査対象者ではプラス49と、前回調査でのプラス39から上昇した。一方、「鉱業を支持しない」と回答した人の割合は10%と、前回調査の13%から低下した。

ページトップへ