閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
PGM(白金族) パラジウム
2019年10月10日 バンクーバー 川井隆宏 ヨハネスブルグ 原田武

加:Impala Platinum Holdings社、加PGM生産者North American Palladium社を758mUS$で買収

 Impala Platinum Holdings(Implats)社は10月7日付けニュースリリースで、加PGM生産者であるNorth American Palladium(NAP)社の発行済み株式の100%を取得する契約を締結したことを発表した。
 81.0%の株式を保有する最大株主のBrookfieldグループには1株当たり16.00C$を現金で支払い、その他の株主には一株当たり19.74C$を支払う。買収金額は合計で1,008mC$(758mUS$)となる。
 NAP社はON州にてLac des Iles鉱山を操業し、2018年には年産237,461ozのパラジウムを生産している。また、同鉱山以外にもカナダにて2つの探鉱事業(Sunday Lake,Shebandowan JV)を所有している。Implats社のMuller CEOによると、この買収によってImplats社はマルチナショナルな生産者になり、中期的なパラジウムマーケットの不足に対応できる会社にすることができたと語った。また、今回の買収により、機械化されたバルクマイニング法による低コスト鉱山で、かつパラジウムに富む事業資産を取り入れ、Implats社のポートフォリオの再編及び強化を図ることができたとした。

ページトップへ