閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2019年10月18日 シドニー Whatmore康子

豪:WA州政府、水酸化リチウム・炭酸リチウム製造を促進するためロイヤルティを調整

 2019年10月14日付けの地元メディアによると、豪WA州政府は10月11日、同州で産出されるリチウムに関し、ロイヤルティ制度を調整することを発表した。この調整により、同州産のリシア輝石精鉱を原料として製造された後最初に販売対象となる水酸化リチウム・炭酸リチウムに対し、5%のロイヤルティが課されることとなる。WA州Bill Johnston鉱山石油大臣によると、本調整は出来る限り早期に導入予定である。今回の決定は、WA州政府のFuture Battery Industry Strategyの一環としてリチウムに対するロイヤルティの見直しを行った結果に基づくもので、同鉱山石油大臣は「リチウムへのロイヤルティに関する不確実性を解消し、WA州のリチウム下流産業を更に支援するものとなるだろう」と述べた。

ページトップへ