閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2019年10月23日 ヨハネスブルグ 原田武

ウガンダ:Bujagali銅・コバルト探鉱鉱区でのボーリング結果を公表

 2019年10月15日付け豪・加ジュニアJervois社の発表によると、同社がウガンダに所有するBujagali銅・コバルト鉱区におけるPhase1ボーリングにて複数の鉱化を確認した。
 同社は地化学探査の結果抽出した2つの異常域(Bombo地区とWaragi地区)でボーリングを実施しており、今般ニッケル・銅・コバルトの硫化鉱をターゲットとしたBombo地区にて5孔1,325mのDDボーリングを、堆積性銅・コバルト鉱床をターゲットとしたWaragi地区にて12孔2,225mのDDボーリングを実施した。その結果、Bombo地区では、銅の鉱化を複数(深度3.9m付近で8.1m間品位:Cu 0.30%、57.3m付近で10.7m間品位:Cu 0.14%)捕捉しており、Waragi地区でも、コバルトの鉱化を複数(深度55m付近で1.4m間品位:Co 0.19%、76.6m付近で5.3m間品位Co 0.15%など)捕捉している。引続き、Waragi地区では追加のボーリングを行う予定である。

ページトップへ