閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年10月25日 ヨハネスブルグ 原田武

ナミビア:Kalahari銅ベルトのDorwit銅・銀プロジェクトに係るLOAを締結

 2019年10月16日付け、加White Metal Resources社の発表によると、同社所有のナミビアDorwit銅・銀プロジェクトについて、RZJ Capital Management(RZJ)社とBinding LOAを締結した。同プロジェクトはボツワナから連続するKalahari銅ベルトに属し、古くから6つの銅の鉱床が確認されており、資源量等を見直すための探鉱が必要とされている。RZJ社は契約時に100kCA$を支払い、3か月でデューデリジェンスレビューを行った上で500kCA$相当を株とキャッシュで支払う。その後、White Metal社がオペレーターとなって探鉱を進め、初年次500kCA$、2年次1mCA$、3年次2mCA$の拠出で50%の権益を取得し、4年次5mCA$の拠出で70%の権益を取得するオプション契約になっている。

ページトップへ