閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2019年10月25日 シドニー Whatmore康子

豪:OZ Minerals社、Cobalt Blue Holdings社と黄鉄鉱からのコバルト回収における共同試験実施に合意

 2019年10月22日付けの地元メディアによると、豪OZ Minerals社はSA州Carrapateena銅・金プロジェクトにおいて、黄鉄鉱精鉱からのCo、Cu、Au回収や高純度硫酸コバルトの製造可能性に関する共同試験を豪Cobalt Blue Holdings社と行うことで合意した。Cobalt Blue社は、NSW州Broken Hillで推進するThackaringa Coプロジェクトにおける2018年実施のPFSにおいて、同社が開発した処理技術を適用することで黄鉄鉱鉱石からCo回収率85~86%で硫酸コバルトを製造することに成功しており、共同試験ではこの技術が用いられることとなる。両社は、CarrapateenaプロジェクトとThackaringaプロジェクトの含Co黄鉄鉱が類似している可能性があるものと推測しており、OZ Minerals社は共同試験において、10~15kgの黄鉄鉱サンプルをCobalt Blue社に提供する予定である。

ページトップへ