閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年10月29日 リマ 栗原健一

ペルー:Las Bambas銅鉱山、鉱物輸送道の段階的な利用を再開

 2019年10月22~23日付け地元各紙によると、Minera Las Bambas社は、Las Bambas銅鉱山(Apurímac州)に抗議する地域住民らにより封鎖されていた鉱物輸送道が、非常事態宣言の発出後に封鎖解除されたことを受けて、鉱山操業に必要な化学薬品や燃料などを乗せたトラックの通行を段階的に再開したことを明らかにした。
 一方、地域コミュニティは非常事態宣言の撤回を要求していたものの、政府がこれに応じなかったことから、10月21日に予定されていた政府と地域コミュニティ間の対話協議会は中止された。これに関しCcapacmarcaコミュニティのVallejo代表は、30日間の非常事態宣言終了後に協議に応じる方針を示した。
 なお、Zeballos首相は、非常事態宣言の発令はやむを得ないものだったとしつつ、今後も対話交渉を続けていく考えを示した。

ページトップへ