閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年11月6日 ジャカルタ 南博志

ミャンマー:2020年の資源分野における海外からの投資増加への期待

 2019年10月31日付け地元メディアによると、ミャンマーThaung Tun投資・対外経済担当大臣が、2020年の資源分野においては海外からの投資の増加が期待されると述べた。同国では、2018年2月に発効した新しい鉱業規則に基づき、国内外企業へ鉱業採掘権の付与を再開していた。天然資源環境保全省によると、既に海外企業8社による採掘権申請を受け付けており、2020年1月には豪州系企業2社に探査権を付与することが決定している。これら2社は、豪州銅金鉱業会社のPanAust社子会社Wuntho Resources社(北西部Sagaing管区に鉱区保有)及びMyanmar First Oriental社(Bago管区に鉱区保有)であるとのこと。

ページトップへ