閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年11月8日 リマ 栗原健一

ペルー:Arequipa州政府、Southern Copper社に対しTia Maria銅プロジェクトエリア用益権の返還を要求

 2019年11月6日付け地元各紙によると、11月4日、Arequipa州政府はSouthern Copper社に対し、Tia Maria銅プロジェクトに使用される約49haの土地を、10営業日以内に返還することを要請する文書を送付した。
 この土地に関しては、Islay郡Cocachacra区とMejía区のPampa Cachendoエリアに位置しており、2015年から2017年にかけて当時のArequipa州政府からSouthern Copper社に対し、Tia Maria銅プロジェクトの実施を目的として用益権が付与されたが、2019年7月にCaceres現知事の判断で取消が決定された。Arequipa州政府は、本用益権取消決定に基づき、土地の返還を要請している。
 現時点において、Southern Copper社から本件に関する見解は公表されていない。

ページトップへ