閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2019年11月12日 北京 塚田裕之

中国:「希土鉱産地質探査規範」任意業界基準に関する最終原稿を提示へ

 現地報道によれば、10月30日、自然資源部は任意業界基準47項目、ガイダンス基準1項目について提示を行った。任意業界基準の内、「希土鉱産地質探査規範」等3種が改訂された。本改訂は全国国土資源基準化技術委員会、全国海洋基準化技術委員会により審査・採択されたもので、自然資源部への報告を経て、同部による発表後実施されるものである。「希土鉱産地質探査規範」(最終稿)では、レアアース鉱産物について、異なる探査段階で各々の地質探査目的、探査研究レベル、探査規制レベル、探査作業及び品質の要求、実行可能性評価、鉱物資源埋蔵量の類別及び類型条件、鉱物資源埋蔵量の推定等を定めた。これらの情報はレアアース鉱産物(砂鉱石を除く)の探査及び鉱物資源埋蔵量の推定に適用される他、レアアース鉱産物の地質探査成果に対する検証や評価審査、鉱業権の譲渡及びレアアース鉱物探査開発中に係る評価や鉱物資源埋蔵量の計算等の根拠としても適用される。

ページトップへ