閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
モリブデン
2019年11月27日 金属企画部 小口朋恵

チリ:Sierra Gorda銅鉱山を保有するKGHM社、社会抗議活動と税制改正に懸念を表明

 2019年11月22日付け地元紙によると、Sierra Gorda銅鉱山の権益を55%保有するポーランドKGHM社は、チリで発生している社会抗議活動に懸念を表明した他、チリで検討されている税制改正が事業に影響する可能性について言及した。
 Pawel Gruza同社副社長は、これまでに発生した社会抗議活動によって同鉱山が操業停止するような直接的影響は無かったため、年間生産・販売への影響は無いが、作業員、取引先の往来に支障が生じた、と述べた。一方、税制改正は我々の財政に大きな影響を与える可能性があり注視している、と述べた。

ページトップへ