閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2019年11月27日 ヨハネスブルグ 原田武

ウガンダ:豪ジュニアOro Verde社、Makuutuレアアース鉱床のボーリング調査結果を公表

 2019年11月21日付け豪ジュニアOro Verde社の発表によると、ウガンダMakuutuレアアース鉱床にて45孔のDDボーリングを実施し、複数のレアアース高品位部を確認した。掘進長5.62mから4.2m間にて品位:TREO 1,649ppm、同3.50mから4.0m間にて品位:TREO 1,298ppmなどの分析結果を得たという。同プロジェクトは、ウガンダに位置するイオン吸着型レアアース鉱床であり、既に46孔以上のDDボーリングと100孔のRABボーリングが実施されており、270~530百万t(品位:TREO 0.04~0.1%)の資源量をターゲットとして、補完ボーリング調査が行われている。初期的な試験結果ではTREOの45%ほどがNd、Pr、重希土類となるであろうとMarc Steffens CEOは語る。Oro Verde社は9月にプロジェクトの20%シェアを取得し、今後Earn-inにより40%シェアの取得が可能。

ページトップへ