閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
セレン テルル バナジウム パラジウム フッ素/蛍石 リン 鉄鉱石
2019年11月28日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:ウラル最大のバナジウム・鉄・銅鉱床を競売へ

 2019年11月5日及び11日付けの地元報道等によると、連邦地下資源利用庁(Rosnedra)は、Sverdlovsk州のバナジウム・鉄・銅鉱床の競売を2019年12月24日に実施する。競売対象鉱区には、Svyatogor社(Ural Mining and Metallurgical Company(UMMC社)傘下)が2010年から開発するSevero-Zapadny鉱区を除くVolkovskoe多金属鉱床が含まれ、競売開始価格は2,137mRUB(ロシア・ルーブル)、鉱区利用権の期間は20年である。Svyatogor社は、ウラル最大のVolkovskoeバナジウム・鉄・銅鉱床における鉱区の競売を実施するようロシア政府に要請していた。
 Volkovskoe鉱床では露天掘り開発が予定され、その埋蔵量は、銅(B+C1+C2)が771千t、鉄(B+C1+C2)が20百万t、酸化バナジウム(B+C1+C2)が333千t、金(C2)が11.7tである。また、酸化リン、硫黄、銀、パラジウム、セレン、テルル、フッ素も含有する。

ページトップへ