閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 亜鉛
2019年12月3日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:電力問題、Gamsberg亜鉛鉱山の国内での選鉱を困難にする

 2019年11月26日付けメディアによると、南アGamsberg亜鉛鉱山を操業するVedanta Zinc International(VZI)社Naidoo CEOが、南アの電力問題が解決しないかぎり、国内での鉱石の選鉱は難しい旨を述べた。2019年に生産を開始した南ア・Northern Cape州に位置するGamsberg亜鉛鉱山(VZIが74%シェアを持つ)は、フェーズ1として年間4百万t規模の鉱石生産を行っているが、その鉱石の選鉱に多くの電力を要する。南アの電力問題を回避するために、1つのオプションとして、ナミビアでの選鉱が考えられるが、現在、適当な処理を行う施設がない。同社はナミビアにSkorpion亜鉛鉱山を持つが、現在メンテナンス中であり、計画では2021年には閉山する予定である。

ページトップへ