閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年12月6日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:2019年第3四半期のGDP成長率マイナス0.6%

 2019年12月3日付け、南ア統計局(Stats SA)の発表によると、南アの2019年第3四半期の国内総生産(GDP)成長率はマイナス0.6%であった。第1四半期はマイナス3.1%であったが第2四半期でプラス3.2%と盛り返していた経緯もある。この9か月でのGDP成長率はわずか0.3%増になるという。今期のGDPの減少は主に鉱業、製造業等の減少が影響しており、製造業がマイナス3.9%、鉱業についてはマイナス6.1%でPGM、石炭、鉄鉱石の生産量低下が要因であると報告された。また、運輸、倉庫業、通信産業はマイナス5.4%であり、陸上輸送および輸送支援サービスにおいて、経済活動の低下が報告された。

ページトップへ