閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル
2019年12月13日 シドニー Whatmore康子

豪:Legend Mining社、WA州Rockfordプロジェクトで顕著な塊状ニッケル・銅鉱化を捕捉

 2019年12月11日付の地元メディアによると、豪Legend Mining社はWA州Fraser RangeにあるRockford Ni・Cu・CoプロジェクトのMawsonエリアにおける試錐により、顕著な塊状Ni・Cu硫化鉱化を発見した。これはダイヤモンド試錐のRKD007によるもので、掘進長114m以深の14.9m間で、品位:Ni 1.07%、Cu 0.75%、そのうち掘進長115.5m以深の2.1m間では品位:Ni 2.03%、Cu 1.34%、Co 0.11%が捕捉されたとしている。同社の Mark Wilson社長は、Mawsonエリアについて、「Fraser RangeのNovaやSilver Knightなどといったエリアにおける既知の塊状硫化鉱床とは、鉱化層準が顕著に異なる」と述べた。Legend Mining社はRockfordプロジェクトの探鉱をパース拠点の豪Creasy Group社と共同で行っており、245km2の範囲に存在する27件のターゲットエリアに対し空中磁気探査データ解析、3D反転モデリング、電磁気探査を完了している。これらの結果によってMawsonエリアの他に、マグマ性Ni・Co硫化鉱化や火山性塊状硫化鉱化を含む5件の有望地が発見されている。

ページトップへ