閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類 タングステン
2019年12月16日 北京 塚田裕之

中国:安徽省自然資源庁、「2019年安徽省レアアース、タングステン採掘総量規制指標に関する通達」を公表

 2019年12月3日、安徽省自然資源庁は、「2019年安徽省レアアース、タングステン採掘総量規制指標に関する通達」を発表した。通達内容は以下のとおり。
宣城、池州市自然資源及び計画局:
 国内優良資源の保護と合理的利用を図り、工業信息化部及び自然資源部は、安徽省内のタングステン鉱石、レアアース鉱石に対する採掘総量規制管理を継続的に実施する。2019年度は、同省に配分されたタングステン精鉱(三酸化タングステン含有量65%)採掘総量規制指標を900tとした。
一、タングステン精鉱採掘総量規制指標については、安徽省績渓タングステン業有限公司に300t、安徽省青陽県鼎勝鉱業発展有限公司に600tを配分する。
二、各関連市の自然資源主管部門は、各県の自然資源主管部門と監督責任契約を締結する。関連県の自然資源主管部門は、同時に各鉱山会社と生産契約書を締結する。2020年1月2日までに責任契約に係る省の自然資源庁への登録手続きを完了させる。
三、指標の監督管理を強化する。関連県の自然資源主管部門は、鉱山統計報告表、生産台帳、埋蔵量の消耗、販売及び納税証書等を審査し、タングステン精鉱採掘総量規制指標の実行状況に対する監督管理検査を確実に強化する。
四、オンラインシステムを通じた報告を行う。鉱山会社は責任者を指定し、四半期ごとに前四半期のタングステン生産数、販売数、販売対象等状況を県クラス自然資源主管部門に報告し、県クラスの自然資源主管部門は、自然資源部のタングステンによるオンライン報告システムを通じてデータをグレード別に審査する。
五、関連市や県の自然資源主管部門は、現地経済や情報化局との調整及び業務連携を強化、情報を共有し、タングステン精鉱の採掘総量指標に対する監督管理業務を実行する。

ページトップへ