閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年1月8日 ヨハネスブルグ 原田武

ザンビア:政府、金生産の申告強化について言及

 2019年12月26日付けメディアによると、ザンビア政府は銅の副産物としての金からの政府収入の強化を図ることを検討している。鉱山省Mulenga次官による発言の中で、金生産の申告を行っている鉱山は、加First Quantum Minerals社のKansanshi銅・金鉱山のみ(2018年の金生産は4,200kg/年)であり、ザンビアは金生産からの収益の多くを失っているなどとした。また、同氏によると、銅がブリスターなどの形で輸出される場合、含まれる金について申告されていないケースがある。ザンビア政府は、2020年の金生産量(零細や小規模鉱山も含めて)の目標値を40千kg/年とした。

ページトップへ