閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年1月15日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:AMLO大統領、鉱山分野は開発と環境のバランスを追求すると強調

 2020年1月9日付け業界紙によると、Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領は定例記者会見において、鉱業は雇用創出に加え、国の経済の強靭化に寄与する重要な分野であり、持続的な開発が必要であると述べ、特にメキシコ北部の雇用創出につながっていると付け加えた。
 また、同大統領は、環境大臣とSonora川流出事故(2017年1月26日付 カレント・トピックス17-02:「メキシコ鉱業投資環境」―Buenavista銅鉱山の銅浸出液流出事故から2年―参照)に関する影響調査を行っていると述べ、「住民保護、特に汚染の影響に配慮する必要があり、開発とのバランスを追求しなければならない。健康・生態系への影響は監視されるべきものであり、鉱山企業に対しては秩序と環境保護の徹底を求める。」と付け加えた。同大統領は最後に、「鉱山は閉鎖できないが、環境保護の対策がなく、健康に影響がある場合には停止できる。」と警告した。

ページトップへ